2011年09月08日

中国・済南市の建物

今ロンドンオリンピックの女子サッカー最終予選(アジア枠)が中国・済南という街でやっている。人口569万というのだが、サッカースタジアムが複数あるということはけっこう大きなところだと思う。

ネットで検索したら。古い建物もいくつかある。おおきなキリスト教会の聖堂もあり、商業都市として発展して日本人を含む多くの外国人が居留していたというから、それも納得がいく。





山東省済南市
済南の建物
JPEG 画像

JPEG 画像

http://blogs.yahoo.co.jp/yosihei8jp/43507346.html

近代建築の建物を撮影しているブログだが、中国の近代建築を幅広く渉猟している。これはすごい!
中村與資平記念館別館
posted by mado at 16:16| Comment(0) | アジアのたてもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

『ふしぎな国のガウディ』は入門書としてはキツイが…

ガウディ本『ふしぎな国のガウディ』(エクスナレッジ 2011年)がでた。ガウディの紹介本である。ガウディについてはいろんな本がでているので、初心者向けの本をつくるのもネタがつきていると思うが、この本は意表をついて写真が一切掲載されていない(もちろんガウディ本人も)。これは同時に刊行されている『ふしぎの国のガウディ-建築図鑑- 』(入江 正之 エクスナレッジ 2011年)が、どうやら写真集のようなので、こちらに集約させたということだろう。

さて最初に「5分でわかるガウディQ&A」がきて、その後いきなりサグラダ・ファミリアの短い原稿が続いている。いろんな人がいろんなことをいっている本で、写真がないのではじめてガウディを知るにはちょっと乱暴なつくりである。その意味ではとりあえずガウディについては知っている、あるいは他の研究書を参照しつつ読むのがいいだろう。

どうやらエクスナレッジという出版社からでている「X-KnowledgeHOME」という雑誌の特集を再編集して単行本に仕上げた本のようだ。
 X-KnowledgeHOME
雑誌のほうが面白そうな感じ、単行本は無味乾燥というか、へんに行儀がよい。雑誌にあったまさに「雑」なエネルギーがろ過されてしまった印象があって。ちょっと残念だ。

エクスナレッジ
http://www.xknowledge.co.jp/index2.html




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。