2015年05月19日

神戸市が市内の近代建築など調査

神戸新聞ウェブ版(5月17日)に「守れ神戸の洋館、茅葺き民家 歴史的建築1200件調査」という記事が掲載されている。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201505/0008033134.shtml
 近代建築や茅葺(かやぶ)き民家など、民間の歴史的建造物を後世に残そうと、神戸市は今夏にも、建物の保存・活用に向けた取り組みを始める。まずは市内の建築物約1200件の現状を調査。


神戸といえば港町として海外に開かれた地域ゆえに、近代建築も多いと思う。阪神大震災で影響を受けただろうが、それなりに残っているだろう。ただ再開発という方針によって取り壊されていく可能性があるので再利用して建物を活かしていく方向を見出せればいいと思う。

神戸新聞NEXT|社会|守れ神戸の洋館、茅葺き民家 歴史的建築1200件調査.png
旧神戸生糸検査所を活用した「デザイン・クリエイティブセンター神戸」
posted by mado at 09:27| Comment(0) | 関西のたてもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。