2009年10月01日

ギリシャ神殿っぽい島之内教会

日本基督教団島之内教会(大阪市中央区)
レンガのようにコンクリートブロックを積み上げ、鉄筋で補強しながら外壁を組む手法で、高価だったセメントを節約できるため、大正から昭和初期にかけ多くの建物で採用された。現存するものは少なく、近代建築の発展過程がわかる建物として価値が高い


(2009年9月26日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20090926-OYT8T00068.htm


大阪の教会が国登録文化財に選ばれたらしい。教会建築ってそれなりにふるくて珍しいものが多いから、ふしぎじゃないが。

教会

なおおなじ中央区にある日本基督教団浪花教会もなかなかのたてもの。創立は1877年で日本初の自給教会だという(ヴォーリズ作らしいが)。
 浪花教会
posted by mado at 14:10| Comment(0) | 大阪のたてもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。