2015年11月29日

怪しい昭和の世界が残る大阪「味園ビル」

misono-gaikan01.jpg

misono-gaikan.jpg
外観は赤い壁面で異質ではあるがさほど突飛ではない

miso-mae.jpg
周囲もまた昭和の雰囲気を残しているディープなスポット

misono01.png
御園は大宴会が可能



たまたまテレビの映像資料をみていたら、大阪の「味園ビル」が人気がでている、との紹介があった。放送で紹介されていたのを見ると、さほど外観は特徴を感じない。確かに昭和レトロを感じさせるものではあるが、一般的な複合商業ビルで、ひところはやった機能的な施設ではある。かつて歌舞伎町にあったコマ劇場のビル、またその周囲にあった映画館やディスコ、ボウリング場など遊戯施設が入った大型のビル。そして池袋駅などの繁華街に見られる建物である。

ただ、この「味園ビル」はいっけんそのような建物の様式をなぞりながら、オーナー自身が設計に携わったという。素人ゆえの自由さや欲望をストレートに表現したところが凄いところである。

さすが大阪…ディープスポット「味園ビル」が怪しすぎる
http://matome.naver.jp/odai/2138932537491373501



misono-tika02.png
地下にあったキャバレーは今は貸しホールに。ステージの前はダンスフロアで周囲にはボックス型のフカフカソファーが配置されている(ステージからフロアを望む)
misono-tika03.png
客席からステージを望む
posted by mado at 11:14| Comment(0) | 大阪のたてもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。