2014年06月16日

植民地時代の建物を修復―台湾・台南市で「ハヤシ百貨店」がオープン

百貨店/デパートは近代の都市の象徴のような気がする。例えばロンドンの「ハロッズ」やパリの「オ・プランタン」は高級品を扱い、富裕層が買い物をするという。富と消費を象徴するようなものだった。

個人的体験でいっても、子どもの頃の田舎の地元のデパートは唯一の遊興地だったし(当時は屋上に遊戯施設があり、休日は家族でデパートの食堂で食事をするのは楽しみであり、贅沢であった)、商品はなんでも置いてあった。

今は家電量販店やスーパーに押されて、存続の厳しい地域もあるが、それでも老舗というか商品販売の王様のステータスを持っているし、<高い価値>という幻想を、場と空間で演出できる唯一の存在なのではないか。

NHKのニュースで紹介していたが、天井はやや低く。エレベータも狭いものの梁は壁の装飾はアールデコスタイルだった。

以下は毎日新聞サイトから
日本統治時代に開業した「ハヤシ百貨店」が復元され、「林百貨」として再びオープン。和服や昔の学生服姿の若者らがパレードし開業を盛り上げた=台湾台南市で2014年6月14日、鈴木玲子撮影

【台南(台湾南部)鈴木玲子】日本統治時代の1932(昭和7)年に台湾南部・台南市で開業したデパート「ハヤシ百貨店」が復元され、14日に商業施設「林百貨」として再びオープンした。ビルは5階建て(一部6階)で左右対称のアールデコ様式。南部で最初に設置されたエレベーターも復元されるなど「昭和モダン」の趣を随所に感じさせる。


http://mainichi.jp/select/news/20140615k0000m030053000c.html


2011年09月03日

『ふしぎな国のガウディ』は入門書としてはキツイが…

ガウディ本『ふしぎな国のガウディ』(エクスナレッジ 2011年)がでた。ガウディの紹介本である。ガウディについてはいろんな本がでているので、初心者向けの本をつくるのもネタがつきていると思うが、この本は意表をついて写真が一切掲載されていない(もちろんガウディ本人も)。これは同時に刊行されている『ふしぎの国のガウディ-建築図鑑- 』(入江 正之 エクスナレッジ 2011年)が、どうやら写真集のようなので、こちらに集約させたということだろう。

さて最初に「5分でわかるガウディQ&A」がきて、その後いきなりサグラダ・ファミリアの短い原稿が続いている。いろんな人がいろんなことをいっている本で、写真がないのではじめてガウディを知るにはちょっと乱暴なつくりである。その意味ではとりあえずガウディについては知っている、あるいは他の研究書を参照しつつ読むのがいいだろう。

どうやらエクスナレッジという出版社からでている「X-KnowledgeHOME」という雑誌の特集を再編集して単行本に仕上げた本のようだ。
 X-KnowledgeHOME
雑誌のほうが面白そうな感じ、単行本は無味乾燥というか、へんに行儀がよい。雑誌にあったまさに「雑」なエネルギーがろ過されてしまった印象があって。ちょっと残念だ。

エクスナレッジ
http://www.xknowledge.co.jp/index2.html




2011年08月14日

分離派建築家の山田守の長沢浄水場ふたたび

以前紹介した。分離派建築家の山田守の作品で長沢浄水場というのがある。曲線を使った個性的な建物だが、それが「宇宙快速船」という東映の映画で研究所の舞台として使われている。
いかにも宇宙関係の研究所のように見える。



上記の映像は東映がyoutubeの上の自社の過去の作品を公開しているものだが、たいへんよい試みだと思う。DVDが発売されているものもあるようだが、めったに観られない映画も混じっている。


ちなみに今でも健在だが、残念ながら
印象的な正面部分が一部隠されてしまった。ウルトラシリーズのロケ地としても有名らしい。

長沢浄水場内観

http://www.ultraloc.org/locations/nagasawa/より

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。