2010年04月13日

拾いものの『作家たちのモダニズム』

表紙がなんだかテキスタイルデザインのような本なので、あまり気に留めなかったが、実は先端的な建築デザインの本だった。
ちょっと表紙で損していると思う。
『作家たちのモダニズム』黒田智子(学芸出版社 2003年)





以下目次
-------------------------------------------------------------
序章 [黒田智子]
-------------------------------------------------------------
   二つの革命と社会構造の変化
   産業革命がもたらしたもの
   建築デザインの流れと作家たちの活動
   世紀転換期にイギリスから始まる建築デザインの流れ
   戦間期のドイツをめぐる建築デザインの流れ
   国際性への流れの高まり
-------------------------------------------------------------
1 ウィリアム・モリス [小林正子]
-------------------------------------------------------------
   19世紀英国とアーツ・アンド・クラフツ運動の兆し
   ウィリアム・モリスの生涯
   ものづくりの原点
   理想社会の実現に向けて
-------------------------------------------------------------
2 アントニオ・ガウディ [黒田智子]
-------------------------------------------------------------
   バルセロナの発展とモデルニスモ
   アントニオ・ガウディの生涯
   合理性と装飾性の統一と自然の幾何学
   サグラダ・ファミリア贖罪聖堂
   有機的空間への実践
-------------------------------------------------------------
3 フランク・ロイド・ライト [黒田智子]
-------------------------------------------------------------
   世紀転換期のアメリカの都市と郊外
   フランク・ロイド・ライトの生涯
   異文化の幾何学から独自の有機的建築へ
   落水荘:カントリーハウスの到達点
   独創性と普遍性の併存する建築
   生活を包み流動する内部空間
-------------------------------------------------------------
4 チャールズ・レニー・マッキントッシュ [木村博昭]
-------------------------------------------------------------
   世紀末のグラスゴー
   チャールズ・レニー・マッキントッシュの生涯
   作風の変遷とその背景
   モダニズムの先駆的建築
   建築と一体化したインテリアと家具
-------------------------------------------------------------
5 ヨゼフ・ホフマン [谷本尚子]
-------------------------------------------------------------
   ウィーン分離派とその時代
   ヨゼフ・ホフマンの生涯
   ウィーンの新様式を目指して
   重力と軸対称からの解放
   変化し続ける表現形式
   目を楽しませるインテリア・デザイン
-------------------------------------------------------------
6 アイリーン・グレイ [川上比奈子]
-------------------------------------------------------------
   フランスの女性デザイナーと東西の装飾芸術
   アイリーン・グレイの生涯
   屏風・家具・建築に通底するデザイン手法
   人の動きに連動する家E.1027
   可動の家具・インテリア・住宅から公共建築へ
-------------------------------------------------------------
7 ブルーノ・タウト [本田昌昭]
-------------------------------------------------------------
   ドイツ表現主義とその時代
   ブルーノ・タウトの生涯
   ユートピアを求めて
   グラスハウス
   様式を超えて
-------------------------------------------------------------
8 ミース・ファン・デル・ローエ [田所辰之助]
-------------------------------------------------------------
   ドイツにおけるテクノロジーの受容
   ミース・ファン・デル・ローエの生涯
   建築からバウクンストへ
   素材と空間の共鳴
-------------------------------------------------------------
9 ル・コルビュジエ [廻はるよ]
-------------------------------------------------------------
   世紀転換期のフランス
   ル・コルビュジエの生涯
   建築の秩序と感動を目指して
   ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸とサヴォア邸
   身体から都市まですべての連関へ
-------------------------------------------------------------
10 ヘリット・トーマス・リートフェルト [奥 佳弥]
-------------------------------------------------------------
   デ・ステイルとその周辺
   ヘリット・トーマス・リートフェルトの生涯
   家具から建築へ
   デ・ステイル以後のリートフェルト
-------------------------------------------------------------
11 エル・リシツキー [矢代眞己]
-------------------------------------------------------------
   ロシア革命と構成主義
   エル・リシツキーの生涯
   生成変化する環境へのまなざし
   エル・リシツキーの作品
-------------------------------------------------------------
12 アルヴァ・アールト [川島洋一]
-------------------------------------------------------------
   フィンランドの成立とナショナル・ロマンティシズム
   アルヴァ・アールトの生涯
   モダニズム精神の理解と自由な表現
   人間をテーマに据えて:パイミオのサナトリウム
   素材の表情と絶妙なスケール感を生かした建築
   建築的実践としてのインテリアと家具
-------------------------------------------------------------
13 マルセル・ブロイヤー [梅宮弘光]
-------------------------------------------------------------
   バウハウスの開校とその前夜
   マルセル・ブロイヤーの生涯
   機能分析と規格化
   アームチェア「ヴァシリー」:機能と美の統合
   住宅:モダン・スタイルの継承と展開
-------------------------------------------------------------
14 ジュゼッペ・テッラーニ [南 智子]
-------------------------------------------------------------
   未来派とイタリア合理主義
   ジュゼッペ・テッラーニの生涯
   イタリアの伝統とモダニズムの融合
   透明性の実験:カサ・デル・ファッショ
   形態の持つ機能の探求


posted by mado at 20:03| Comment(5) | 近代建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

シベリアの木造建築のサイト

シベリアの木造建築の写真を紹介しているサイト
写真が圧巻。

窓に細工がいかにも、という感じ。すこし重厚すぎるかな
ドストエフスキー+流刑の世界です。

ladstudio
http://vladstudio.com/de/siberianwoodenhouses/index.php
posted by mado at 18:20| Comment(0) | 近代建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

大成建設のギャラリーで「コルビュジェ展」

東アジア関係の書籍を検索していて大成建設のサイトをのぞいたら
大成建設ギャルリー・タイセイで
「ル・コルビュジエの建築」をやっている
大成建設はコルビュジェのコレクションでもしているようだが‥

http://www.taisei.co.jp/galerie/index.html

第1部 2009年11月3日(火)〜2010年4月 24日(土)
第2部 2010年5月11日(火)〜2010年10月2日(土)
時 間: 10時30分〜18時30分 (入場は18時まで)
休館日: 日月祝日、月曜日が祝日の場合はその翌日
2009年11月21日、12月22日〜2010年1月9日、8月10日〜14日
展示替え期間(2010年4月25日〜5月10日)
所在地: 神奈川県横浜市中区長者町6-96-2 
横浜第二有楽ビル3階
時間: 10時30分〜18時30分(入場は18時まで)
休館日: 日月祝日、月曜日が休日の場合はその翌日、展示替え期間など
入館料: 無料
posted by mado at 15:45| Comment(0) | 近代建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。