2009年09月11日

荷花世界というテーマパーク

蓮の本を読んでいたら、中国・広州の三水に
蓮のテーマパークがあるという
「荷花世界」がそれで、世界一と書いてあるが、そもそも花のテーマパークじたい珍しいだろう。




posted by mado at 16:45| Comment(0) | 庭園・公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

フランスの奇妙な庭の話

 『フランスの庭 奇想のパラダイス』(横田克己 松永学他写真 新潮社 2009年)を読む。

 フランス式庭園は基本的にシンメトリーであり、平坦な幾何学的構成の庭だ。

 フランス映画で「去年マリエンバードで」というのがあり、いわゆるヌーボーロマンの不思議な作品なのだが、その不条理的世界にフランスの庭が舞台となって効果的な使われ方をしていた。

 この本はそのような標準的な庭ではなく、そのようなオーソドックスな庭から逸脱した庭園をあつかっている。

 フランスでは昔ながらの街並みを保っている街や市街がおおく、パリもそうだが、街並みじたいが庭園のようにもみえるときがある。

 パリから一時間くらい電車にのっていくとシャルトルというノートルダム大聖堂のある、ふるい街がある。駅から30分ほど歩くと「ピカシェトの家」がある。
 訪ねたときは冬で、11月から3月からはあいにく閉館となっていた。

シュヴァルの理想宮のように、この家もレイモン・イジドールという墓守が道端に落ちているガラスや陶器の破片を拾ったことから、その破片を収集して家と庭をつくりはじめた。

 その家と庭はさほど規模はおおきくないが、陶器のモザイクで覆われていておとぎ話にでてくる魔法の家のようだ。

 「ラ・ファビュロズリー」は建築家アラン・ブルボネは庭に市井のアーティストたちの作品を飾る庭園をつくったが、ここはあくまでアーティストたちの素朴な作品がメインとなっている。

 「我らふたりの庭」はシャルル・ビリーが中世風の建物や中東のイスラム寺院風の建物をミニチュアとして庭につくりあがた。

 「ロベール・タタン美術館」はアール・ブリュットの芸術家がつくった美術館で、アフリカやオセアニアの民俗美術・造形の影響をうけたとおもわれる建物が印象的だ。

 「ラ・カテドラル」は造形作家のジャン・リナールの創作拠点であり、キリスト教的な楽園の創造をめざしたものだ。深遠な森のなかに出現するカラフルな建造物はたしかに孤高の楽園として写る。

 これ以外にもたくさんの庭園が紹介されているが、やはり上記のアート・ブリュット、アウトサイダー・アート系の庭園にインパクトがある。


posted by mado at 16:34| Comment(0) | 庭園・公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。