2011年03月31日

インターナショナルスタイルの「インペリアルビル」

横浜の桜木町から関内〜石川町の繁華街のあたりは、そこそこ近代建築の名残がある。

横浜経済新聞というWEBニュースサイトに以下の記事が掲載されていた。

関内・水町通りの「インペリアルビル」が歴史的建造物に認定

http://www.hamakei.com/headline/5921/
インターナショナルの建築スタイルで保存状態もいいようだが、屋上にペントハウスらしきものが建っているのが難点か。

関内・水町通りの「インペリアルビル」
posted by mado at 21:07| Comment(5) | 地域の近代建築遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

辰野金吾監修の旧唐津銀行がオープン

辰野金吾監修の旧唐津銀行がオープン(3月26日)

E697A7E59490E6B4A5E98A80E8A18C
E697A7E59490E6B4A5E98A80E8A18C posted by (C)tetsuo.anzai

読売新聞(2011.1.26)九州発として以下の記事が掲載されていた。

http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/history/20110126-OYS8T00237.htm

旧唐津銀行.jpg


辰野金吾というと東京駅が有名だ。ゴシックスタイルの建物を全国につくっているが、この人佐賀県の唐津出身だったんだ。
この建物はゴシックの重たいカンジが少なく、明るく軽やかでかわいい印象だ。
おしゃれな雰囲気もあり、珍しいのではないか。
posted by mado at 16:55| Comment(0) | 地域の近代建築遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧武州銀行川越支店(川越商工会議所)

旧武州銀行川越支店 外観

旧武州銀行川越支店(川越商工会議所)
設計者:前田健二郎 1926年着工
典型的な銀行の建築物。天井が高いので冬場は暖房が効くまで時間がかかるという。
川越市の大正浪漫夢通りの角地に立つ。鉄筋コンクリートの建物。

旧武州銀行川越支店 外観
タグ:川越 銀行 埼玉
posted by mado at 16:34| Comment(0) | 地域の近代建築遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。