2013年04月06日

ファッショ的なデザインとは?―『夢と魅惑の全体主義』(井上章一 文芸春秋 2006年)を再読する

20世紀の世界史のなかで1930年代をファッシズムがおおきな役割を占める年代だと考えるのに異論はないだろう。イタリア、スペイン、ドイツそして、アジアでも日本が世界への膨張・派遣をはじめたときである。げんみつにいえば「ファシズム」といっても内実に違いがあるのだが、なぜ同時代的な潮流になったのか、については解明されてはいない。

建築でも同様なことがあるのでは、と井上章一が考察したのがこの本である。

『夢と魅惑の全体主義』(井上章一 文芸春秋 2006年)というタイトルが示すとおり、ここで扱われているのは、スターリンゴシックのソ連だったり、中華人民共和国の建築だったり、ファッシズムという枠を超えて「全体主義」という概念である。それは著者もためらいがあるようだが、それでも共通する何かがある、ということであえてこの言葉を使っているようだ。

この本が出版されて、直ぐに読んだが、たまたま古書店で発見して再読してみた。個別のエピソードなど面白いところは多々あるのだが、どうやら建築や都市計画というのは権力が集中して、強権的にならないと実行・実現できない、というしごく当たり前の結論になってしまう。

そして建築や都市計画というものは、時に暴力的にならざるをえない、ということをあらためて認識した。



ファッショの建築として有名な
カサ・デル・ファッショ Casa del Fascio
http://www.archi-map.jp/taniyan/foreign/italy/casa_del_fascio.html

posted by mado at 17:18| Comment(0) | 帝冠様式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

神田あたりを通った

昨日は神保町付近を歩いたが、美術書や洋書を置いてあるタトル商会の店が閉まっていた。それから神田錦町のあたりもブックブラザー源喜堂 http://www.genkido.jp/は健在だったが、その地下の書店は雑貨屋だったがそれも閉じてサラ金の支店になっていた。

それから電機大学から丸の内方面に抜けるあたりに誠文堂新光社のふるいビル(神田錦町1丁目)が会社移転後もだいぶ残っていたのだが、なくなってしまった。このあたりはけっこうふるいビルや建物が残っていたのだが、10年くらいでだいぶ減っている。

旧誠文堂新光社 社屋


posted by mado at 13:28| Comment(3) | 東京の近代建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

二見書房「夢の棲み家」

新刊「夢の棲み家」 黒崎敏(二見書房 2011年)をみる。海外の夢の住宅をいろいろ掲載しているが写真がメインで文章少な目。海外はきちんと取材していないので、こんな環境での住宅があります、といったカンジで写真を掲載しているだけのものが少なくない。

さすがに日本国内のものが充実している。日本だけにして深く掘り下げてみたほうがよかったかも。まあ本のコンセプトが軽く見せるほうになっているのでべつな本になってしまうかもしれないが。

いちばん思うのは理想の住宅とか夢の住宅というものはナンなのだろうか? 住居を購入して環境は購入しない、という話を聞く。
その意味でここに登場する家の多くは大自然のなかで屹立している住居。これは大自然のなかで生活するということなのだろう。しかし絵として観るにはいいのだが、かなり不便だし、フツーの生活ではない、会社に通えないし、お店もないし、さらに郵便なども来ない可能性がある。だから夢の棲み家なのかもしれないが、ここはもうすこし現実的に家の間取りとか家の周囲などが重要だと思う。

それを表しているのが日本の住居たちだが、これが夢の棲み家なのか、どうかは読者それぞれに判断をまかせるしかない。個人的にはもう少し狙いのはっきりさせたものやアプローチを明快にしたほうがいいと思った。




posted by mado at 22:45| Comment(4) | 住居・家・邸宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

中国・済南市の建物

今ロンドンオリンピックの女子サッカー最終予選(アジア枠)が中国・済南という街でやっている。人口569万というのだが、サッカースタジアムが複数あるということはけっこう大きなところだと思う。

ネットで検索したら。古い建物もいくつかある。おおきなキリスト教会の聖堂もあり、商業都市として発展して日本人を含む多くの外国人が居留していたというから、それも納得がいく。





山東省済南市
済南の建物
JPEG 画像

JPEG 画像

http://blogs.yahoo.co.jp/yosihei8jp/43507346.html

近代建築の建物を撮影しているブログだが、中国の近代建築を幅広く渉猟している。これはすごい!
中村與資平記念館別館
posted by mado at 16:16| Comment(0) | アジアのたてもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

『ふしぎな国のガウディ』は入門書としてはキツイが…

ガウディ本『ふしぎな国のガウディ』(エクスナレッジ 2011年)がでた。ガウディの紹介本である。ガウディについてはいろんな本がでているので、初心者向けの本をつくるのもネタがつきていると思うが、この本は意表をついて写真が一切掲載されていない(もちろんガウディ本人も)。これは同時に刊行されている『ふしぎの国のガウディ-建築図鑑- 』(入江 正之 エクスナレッジ 2011年)が、どうやら写真集のようなので、こちらに集約させたということだろう。

さて最初に「5分でわかるガウディQ&A」がきて、その後いきなりサグラダ・ファミリアの短い原稿が続いている。いろんな人がいろんなことをいっている本で、写真がないのではじめてガウディを知るにはちょっと乱暴なつくりである。その意味ではとりあえずガウディについては知っている、あるいは他の研究書を参照しつつ読むのがいいだろう。

どうやらエクスナレッジという出版社からでている「X-KnowledgeHOME」という雑誌の特集を再編集して単行本に仕上げた本のようだ。
 X-KnowledgeHOME
雑誌のほうが面白そうな感じ、単行本は無味乾燥というか、へんに行儀がよい。雑誌にあったまさに「雑」なエネルギーがろ過されてしまった印象があって。ちょっと残念だ。

エクスナレッジ
http://www.xknowledge.co.jp/index2.html




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。